特定非営利活動法人 音楽は平和を運ぶ
東京オペラシンガーズ

プロフィール

1992年、小澤征爾指揮、蜷川幸雄演出で話題を呼んだ歌劇「さまよえるオランダ人」の公演に際して、世界的水準のコーラスをという小澤氏の要望により、東京を中心に活躍する中堅、若手の声楽家によって組織された。当公演の合唱は圧倒的な成果を上げ、各方面から絶賛を受けた。
その評価により、同年第1回サイトウ・キネン・フェスティバル松本、バイエルン国立歌劇場日本公演(W・サヴァリッシュ指揮)に招かれ、再び高い評価を得た。
翌1993年から活動は本格化し、「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現セイジ・オザワ・松本フェスティバル)」、「東京・春・音楽祭」等を活動の中心に置くほか、キーロフ・フィル(V・ゲルギエフ指揮)、サンクトペテルブルク・フィル(Y・テミルカーノフ指揮)、イタリア国立放送交響楽団、ウィーン・フィル(小澤征爾、S・ラトル指揮)等の来日公演に出演、音楽界の活性化に大きく貢献することとなった。1998年、長野冬季オリンピック開会式において、世界6カ国を結ぶベートーヴェン第九交響曲の合唱で、中心となる日本側の演奏を担当した。99年にはヨーロッパの代表的音楽祭の一つであるエディンバラ音楽祭に出演(東急文化村制作「トゥーランドット」)最大級の賞賛を得た。
小澤征爾とは1992年以降、コンサートやオペラで数多くの共演を重ね、10枚を越えるCD、DVDを残している(本年10月には、小澤指揮水戸室内管弦楽団との小編成のベートーヴェン第九交響曲のCDが発売予定)。また、小澤と並ぶ世界的指揮者であるR・ムーティとは2006年以降5度共演、来年1月にはムーティ指揮シカゴ交響楽団との共演が予定されている。 本年10月、上海音楽祭に出演予定。
東京オペラシンガーズはメンバー1人1人がソリストとしても活躍しており、純度の高さと、豊かな声量を兼ね備えた「声」の集合体は、類まれな響きを生み出すことを可能としている。
※バイエルン国立歌劇場→Bayerische Staatsoper

広島での活動、および近況

2015年 大野和士指揮、16年 秋山和慶指揮と広島においてベートーヴェン第九交響曲に出演、今年は広上淳一指揮で「夏の第九Hiroshima」を開催しプロの声楽家による壮大な合唱を披露した。
来年も「夏の第九Hiroshima」で海外オーケストラと共演予定。他にプロアマ混成チームによる人の心に平和のとりでを築くコンサートに出演、合唱の要を担い、またソリストを務めた。
また2016年に広島市民病院で、17年および本年もひろしま美術館で「にほんのうた」のコンサートを開いた。来年7月には広島県立美術館でも予定。
小澤征爾指揮水戸室内管弦楽団と2017年10月には32名の編成で第九を演奏。一昨年 ブロムシュテット指揮、昨年末にはクリストフ・エッシェンバッハ指揮で、NHK交響楽団から招聘を受け第九コンサートに出演、大好評を得て、本年末の出演も内定している。

平成30年9月4日現在

2018年7月14日 にほんのうた ひろしま美術館
『いつくしみ深き』

2017年7月15日 にほんのうた ひろしま美術館
『さとうきび畑』

Copyright (C) 2014 NPO Music brings Peace. All Rights Reserved.