特定非営利活動法人 音楽は平和を運ぶ
HOMEあいさつ公演情報過去の公演アウトリーチ事業掲載情報・写真 芸術文化活動助成事業チケット予約 ロゴダウンロード

facebookページ

YouTube公式チャンネル

広島FM放送中

●第1回放送 2016.04.05
「広島復興物語」
出演:松尾康二
>> FMを聴く
 

広島市被爆70周年記念事業、ユネスコ創立70年、人の心に平和のとりでを築くコンサート

2017年7月演奏会  市民参加コンサート

日     時 2017年7月23日(日) 15時開演(17時終演)
会     場 広島文化学園 HBGホール
出     演

指揮:田中祐子
合唱:
一般公募による「平和を運ぶ合唱団」
オーケストラ:
一般公募による「平和を運ぶオーケストラ」
 

大野和士 オペラレクチャーコンサート
in Hiroshima 2017
~ オペラ、幸せの絶頂とカタストロフが隣合わさるる世界 ~

日     時 2017年7月29日(土) 15時開演(14時開場)
会     場 エリザベト音楽大学セシリアホール
歌劇
蝶々夫人(作曲プッチーニ)より
「愛の二重唱」、
蝶々さんのアリア
「ある晴れた日に」、
「手紙の二重唱」
 
歌劇
ランメルモールのルチア
(作曲ドニゼッティ)より
「愛の二重唱」、
6重唱 「誰が私の怒りを収められよう」、
ルチア 「狂乱のアリア」
 
歌劇
道化師(作曲レオンカヴァッロ)より
ネッダのアリア「鳥の歌」、
第2幕 第2場~フィナーレ

 
 

2017年2月16日 地元中国新聞を始め全国5紙に掲載いたしました。


広島の復興はクラシック音楽と共にあった

演奏会場は、窓のガラスが破れたままの旧制広島高等学校(現広島大学附属中・高等学校)の講堂でした。
指揮者は故・竹内尚一氏で、昭和17年まで旧制広島高等師範学校附属中学校(現広島大学附属中・高等学校)の音楽教師でしたが、被爆当時は島根大学におられました。
演奏したのは30人ばかり、プロ、アマ問わず手元の楽器をもって集まった方々だったと思います。音程も不正確でした。
聴衆には小学校(当時は国民学校)2年生の子供も交じっていました。当時は子供でも立派な労働力でした。
竹内尚一氏が広島の生存者たちに、「未完成」がなぜ必要と判断されたのかわかりませんし、シューベルトがどんな光景を想定してこの曲をつくったのかわかりません。
ともかくその後の広島では、クラシック音楽を聴く機会が増え、クラシック音楽に含まれている理想主義的心情は、
故・濵井信三市長と生き残られた方たちによる広島の復興の精神的支柱となり、理想的な街づくりを実現しました。
戦後70年を過ぎたいま、戦争をなくし、平和な世界を目指すために、音楽の持つ理想主義を、
改めて次の世代に引き継ぎ、世界に広めていく義務が、広島にあると思います。

この演奏会についてご記憶のある方、実際に演奏された方と
その家族、聴衆の皆さんを探しています。

曲を聴きたい方は「再生」ボタンを押してください。小音量のためボリュームを上げてお聴きください。
 

 
「戦争は人の心にうまれるものであるから、戦争を防ぐためには人の心に平和のとりでを築かなければない」  (ユネスコ憲章前文より)

「NPO法人 音楽は平和を運ぶ」は、国境が無く、言語・宗教・民族の壁を乗り越え調和を生む音楽の持つ力を生かし、
演奏会などの音楽に関する事業を通して世界の平和に貢献することを目的として創立されました。

今後平和活動として広く音楽活動を支援してまいります。
現在、次のような演奏会の共催を予定しておりますので、是非ご賛同いただきご来場賜りますようお願いいたします。

2014年11月6日

特定非営利活動法人音楽は平和を運ぶ
 
特定非営利活動法人 音楽は平和を運ぶ 所在地情報
名   称 : 特定非営利活動法人 音楽は平和を運ぶ
所 在 地 : 〒730-0041 広島県広島市中区小町6-30 PELRA 101
お問合せ : TEL 082-247-8604  FAX 082-247-8614
 
   
 
 
HOMEあいさつ公演情報過去の公演アウトリーチ事業掲載情報・写真 芸術文化活動助成事業チケット予約 ロゴダウンロード
Copyright (C) 2014 NPO Music bring Peace. All Rights Reserved.